—— 热词俳句 ——

神仙打架 [仙人のけんか]

2021-11-12
收藏

神仙打架shén xiān dǎ jià[仙人のけんか]


【原文】

 優れていてレベルの高い人や物事同士の競争のことで、「仙人がけんかすれば、俗人が災いを受ける」ということわざに由来する。神話や伝説で天界にいる神様同士が争いをした結果、雨や風が吹き荒れて庶民が苦しむという意味だ。例文:①网友将清华特等奖学金获得者的辩论会称作是神仙打架。/ネットユーザーは清華大学特等奨学金受給学生同士の弁論大会を仙人のけんかと呼んだ。②东京奥运会男子400米跨栏决赛精彩程度堪称神仙打架,诞生了一项世界纪录,两项大洲纪录和三项国家纪录。/東京オリンピック陸上男子400ハードル決勝の素晴らしさは仙人のけんかにたとえられる。世界記録一つ、大陸記録二つ、国別記録三つが誕生したからだ。


【译文】

 形容几个很优秀的、高水平的人或者是物之间的竞争情况。源自民间俗语:神仙打架,凡人遭殃,意思是神话传说中天庭的神仙之间发生争斗,后果就是凡间风雨大作,百姓苦不堪言。例文:网友将清华特等奖学金获得者的辩论会称作是神仙打架。东京奥运会男子400米跨栏决赛精彩程度堪称神仙打架,诞生了一项世界记录,两项大洲记录和三项国家记录。